自分分析は、心を7つに分けて当てはめていきます。

 

 ご飯のために社会適応する自分(O)、愛や評価を貰うために良い子になる自分(N)、快楽したい自分(T)、W(自由気ままに生きたい我がままな自分)、K(人に自分の存在価値を認めさせようとする自分、ブライドの自分)、笑顔を見たい自分(S)、ふとした優しさの自分です。
 

 それでは、実際の当てはめです。
 

 B子さんは、結婚する予定です。相手の方は、大きな会社に勤めておられ、優しい良い方です。B子さんの心は、どう動くのでしょうか。

 

 Oが満たされる・・・大きな会社です。正社員です。給料が高いから、ご飯の心配はありません。将来、出世もされるでしょうから、さらに、給料は上がり、退職金、年金も確実でする。安心できます。嬉しいです。

 

 Tが満たされる・・・年次休暇はたくさんある。ハワイに行って、泳いだり、美味しいものが食べられます。性的な欲求も満たされるでしょう。嬉しいです。

 

 Nが満たされる・・・大きな会社ですから、世間体は、すこぶるよろしいです。世間から良い評価がもらえ、親や家族からも、愛と優しさがもらえるので、嬉しいです。

 

 Wが満たされる・・・親からいつも縛られて自由が無かったので、実家を出て独立できます。もう親から縛られなくて良いので、嬉しいです。

 

 Kが満たされる・・・高校時代に、自分よりきれいで、成績も良くて馬鹿にしていた同級生たちのご主人は、小さな会社です。同級生たちに勝てました。夫からも、「君は、世界で一番素晴らしい、僕の宝物だ。」、などと言われて、自分の存在価値を満喫できます。これは、溶けるほど嬉しいです。

 

 Sが満たされる・・・夫の笑顔を見るのが嬉しい。優しい自分を感じます。ただ、これには、注意が必要です。もし、夫が、優しくしてくれなくなったら、倦怠期に入って、自分に無関心になってきたら、会社で、失敗して、昇進できなくなったら、会社が倒産して、生活が困るようになったら、その時も、笑顔を見たい、それだけで、幸せと言えるでしょうか。

 

 今回の場合も、人により、どれが満たされるかは、さまざまです。一つだけではなく、二つ、三つの心が、動く人もあるでしょう。全部あって、その時その時の状況で、あるものが強く出るという人もいるでしょう。

 

 いずれにせよ、今、動いている心を当てはめていきます。どれが良いということではなくて、さまざまな自分がいることを、まず知りたいのです。

 

 さまざまな自分の当てはめができれば、どの自分を満たすために、この結婚をしようとしているか分かります。

 

 その自分で良いのかということと、その自分を満たすためなら、もっと他に、確実な方法があるかもしれないということと、では、自分の本心は、何なのかということを考えることが出来るようになります。

 

 特に、結婚の場合は、取り返しがつきません。自分分析が出来て、自分の本心を知る能力がついてから、どうするか決められるのが良いと思います。


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM